美容室でのおすすめカラーオーダー方法は?A.画像を見せましょう◎

未分類

こんにちは、名古屋で美容師をしている平野(insta@hiranoyudai0930)です。

皆さま美容室に行くとカラーのオーダーってどうやって言ったらいいか迷うことありませんか??

担当の方と付き合いが長ければ

『いつものでー』

『いつものより少し明るくー』

など簡単に伝えれるかもしれませんが、初めて行く美容室やまだ通い始めて間もない美容室に行く場合カラーのオーダーの仕方がわからないと言う方も多いかと思います。。

中には言い方が変わらないので、やりたいカラーのイメージはあるけど言えずじまいで、お店の方が決めたカラーになってしまうという経験をされる方もいると思います。。

なので今回は美容室はこんな感じでカラーのオーダーすると共有しやすいよと言うのをあげて行きたいと思います。

おすすめのオーダー方法

 画像を見せる

最近の定番ですがスマホに理想のカラーを保存しといてもらって、それを見せるといのが1番わかりやすいと思います。

もちろん雑誌の切り抜きなどでも大丈夫です。。

やりたいカラーが正確にわかるのでお互いにわかりやすいです◎

仮にブリーチが必要なカラーだったり、今の髪の状態からできないカラーだったとしてもこんな感じのカラーが好きなんだなというのがわかるので、好みのカラーにしてもらえる確率が格段に上がると思います◎

 カラーの見本を見せてもらう

美容室にはカラーチャートというカラーの見本が置いてあります。

↑こんな感じのです

これを見せてもらって理想に近い色味を選んでオーダーするというのもオススメです◎

あくまで見本なので絶対その色になるというわけではないですが、好きな色味をちゃんと共有できるので理想の色味になる確率が上がると思います。。

NGなオーダー方法

NGと言うと大袈裟だし失礼なのですが、よく言われるけど実は美容師に伝わりづらいオーダー方法がありますのでそちらを挙げていきます。

色の名前を言う

『ミルクティーベージュにして下さい!』

『ラベンダーグレージュで!』

『スモーキアッシュがいい』

などネットやSNSでみた名前を言って頂くことも多いです。

ただこの場合言われた美容師は

『具体的にどんな感じ??』

と心の中で思っているはずです笑

お客様からすると『なんで美容師なのにわかんないの?』と思うかもしれませんが、

ネットやSNSでみるカラーって同じ名前でも全然違うカラーが出てきませんか??

これは

カラーの名前は染めた美容師が勝手につけているだけだからです。。

業界で正式なミルクティーベージュやスモーキーアッシュがあるわけでないのです。

名前を言われて頭の中に出てくるカラーは美容師によって全く違うなんて事はよくある話なのです。

つまりお客様が名前を言っただけでは、お客様が思っている色と美容師が思っている色は全然違ってしまう事はよくある話なので、色の名前でオーダーする方法は個人的にはおすすめ出来ません。

芸能人の名前を言う

わかりやすい場合もあるのですが、芸能人の方は髪型やカラーの変化が多いです。

なので名前は伝わってもどの時期の色味なのかがわからない場合がよくあります。

あとは担当がその芸能人の方を検索しないとわからないという場合がどうしてもあるので

この時の◯◯さん

とわかる画像や雑誌などをみせて頂けるとどの担当でもスムーズに伝わると思います。

まとめ

今回はカラーのオーダー方法についてまとめてみました。

もちろんカウセリングは美容師の責任なのでお客様が気を遣う必要は全くありません◎

ただ理想のカラーの近付けていく上でオーダーの仕方は大事なポイントになると思うので、オーダーの仕方を迷ってしまう方はぜひ参考にして下さい◎

今日も読んで頂きありがとうございました。

インスタグラム(@hiranoyudai0930)ではヘアスタイルや予約状況を随時更新していますのでぜひフォローして下さい◎

またご質問やご予約に関してはDMにて受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました